バス停プロジェクト2017 -Bus stop project 2017-

 このプロジェクトは、簡単に言えば、10年間継続した親子木工教室の中・高生バージョンです。

 親子木工教室を体験した中学生の保護者さんから「中学生もやってよ〜」との声から発展し、町の公園にアズマヤでも建てようか?と役場に相談に行ったところ・・・何故か?バス停になってしまいました。
 道路管理者、土地の所有者、バスの運営会社などの調整を役場にお願いして、教育委員会と連携し学校側とも協議をして始める事となりました。

 実際には、設計から学び、土工事、木工事、板金工事、塗装工事、ガラス工事など一連の仕事を建築士や職人さんと中・高生と一緒に進め、職業体験をしてもらいます。
 それからプロジェクトの進み具合を動画などに残しyoutubeに載せるなど、クリエーターも体験し、さらにクラウドファンディングで次年度以降の資金調達をして自主自立をめざし経営の勉強も体験してもらうなど、いろいろな仕事があり経営がある事を学んで行くプロジェクトです。

 こちらのページでは、プロジェクトの推移をご紹介してまいります。

2017年06月22日 - 【バス停プロジェクト2017】のページ開設 -

バス停プロジェクト2017

2017年07月14日 - 清水高校に行って授業をやって来ました。十勝毎日新聞に掲載された記事を載せます。 -

バス停プロジェクト2017 いよいよ始まりました。
 バス停プロジェクト。
 このプロジェクトはこれから3か月かけて行われますので、経過をご覧いただきたいと思いますが、来年以降も継続して続けて行こうと考えています。
 先ず、第一弾は清水町の役場前のポテトライナーの停留所です。

2017年07月21日 - 今日は、清水中学校でプレゼン -

バス停プロジェクト2017 暑いですが、私たちも熱いです。
 今日は清水中学校へお邪魔して修了式の前に、お時間をいただきバス停プロジェクトのプレゼンテーションをやって来ました。
 何せ、忙しい中学生ですが、このプロジェクトに参加してもらい、いろいろと経験を積んでもらえたらと思っています。
 さぁ、何人参加してくれるかな?

2017年08月16日 - 模型が出そろいました。 -

バス停プロジェクト2017 バス停プロジェクト2017 中高生に出していた宿題の模型が出そろいました。
 みんなそれぞれ考えている案です。
 一つ一つを見ると、あ〜なるほど、そう言う風に考えたか?これはこう言う事かな?などとこちらも想像をめぐらせています。
 この中から、私たちがヒントをもらって修正を加え設計に反映させたいと思っています。
 来週には絞り込みが出来るかな?と思っています。