-2009年-

11月28日(土)

つぼ療法のソフトンさん

つぼ療法のソフトンさん 昨年12月に住宅が完成し、引越しされて落ち着いた頃に一般公開をして頂いたNさん。
 西本さんは、つぼ療法士さんです。つぼ療法とフットケアの “ソフトン”というお店を御影の街中に開店されています。
 一度お願いしてみたいな・・・と思いつつ日が経っていましたが、やっと今月の24日に1時間コーつぼ療法のソフトンさんスを体験することが出来ました。

 建築中の打ち合わせの時などに、我が家の子供たちも少しづつ押してもらったことがあって、とっても気持ちがいいことがわかっているので、子供たちには内緒で行きました。

 私の前に来ていた年配の奥さんが、帰るときに「やっと求めていたところに来れたわ〜」と、とても喜んで帰って行きました。
 そして私の番です。まずは、住所とか生年月日を書き込んで渡したのですが、西本さん、「ん?」 と考え込んでいます。
 「え? 何か〜?」 と覗き込むと、なんと私は10歳も若い年齢を書いていました・・・笑っちゃいました!

 寝る前などには、多少ストレッチもしているし体のどこかがそんなにひどく凝っているとは思っていなかったのですが、「肩がとっても凝っていますね〜」
 と随分長い時間、肩のあたりを集中的に押してもらいました。痛いけど気持ちいい、という感じです。
 あと背中と腰も気持ちよかったぁ・・・

 終わって車に乗ると、バックする時に後ろを振り向くのも楽々、なんだか視界もすっきり。首や肩を回すと、ぐるん ぐるんと軽やかに回って、とっても楽になっていました。

 家に戻って、「今日ね、ちょっと用事もあってね、西本さんのところにいってつぼを押してもらったの・・・」 と、言っちゃいました。
 やっぱり・・・ 「ずる〜い!」

11月27日(金)

デューク更家式ウォーキング講座

ちょっとうらやましい 私は今年、商工会女性部で講習会を企画する担当です。
 地元の夏祭りや町の行事のお手伝い、そして40周年記念の函館研修(旅行かな?)も。
 この会に入ってまだ3年もたたない私も連れて行ってもらい、ひと段落の頃です。
 講習会は何がいいかな〜と考えていましたが、ふっと頭に浮んだのが、歩き方!
 そう、デューク更家さんみたいな歩き方教室とかあったような・・・と同じ担当のTさんに相談してみたら、「あら、たしかデュークさんの教室あるって新聞に載っていたわよ」と。
 さっそく見てみると翌々日に本物のデュークさんのワンディレッスンがありました。
 もう、参加するしかないですよね。
 本物のデュークさんにご対面、しなやかな歩き方なので、骨密度だけ30代だそうです(筋肉年令は20代ですって)。
 お話も上手だし、なるほど〜ということもたくさんあって、とっても楽しかったです。
 偶然あったお友達と一緒にパチリ。

 という訳で清水町での開催になりました。8年程前にデュークさんと出会ってビビッときてお弟子さんになった一条さんが先生です。
 なかなか清水町でこういう講習会はないので、町民の方の参加も募ることになりました。参加料は800円です。(帯広でのレッスンは1回2,500円)
 26日、27日に町内にはチラシが入りますので、是非参加して下さいね。

11月11日(水)

ちょっとうらやましい

ちょっとうらやましい 春に自動車の免許を取った長男が、帰省した時に主人を隣に乗せてジープで出掛けました。
 慎重なタイプの性格とは思いますが、せっかく免許を取ったのに危ないから乗るな、というのも変だし充分気をつけて運転してね、です。

 こうして大学に通わせてもらって、とても感謝している。な〜んていう様になりました。
 高校の時は、朝早い汽車通学も部活も勉強も大変だった事もあるけど、こっちも朝早くから朝ご飯やお弁当を作っているのだから、もう少し気を使ってよ〜という感じだったので、ちゃんと大人になるんだな・・・とつくづく思います。
 今振り返ると、私もほんとに足りないところばかりで、目先の事が気になってガミガミ言っていたなと、反省です。と言いながらも今も多少は・・・かも。

 主人は、月に1〜2度は札幌に行く事があるので、4月から一人暮らしを始めた長男のところに泊まる様になりました。工学部の2年生の後期、無事に建築の方に進めた長男とは、話もはずむみたいで出掛ける主人は楽しそう・・・
 今度は12日に行く予定なので、いつもの事ですが、私は野菜のおかずとか、から揚げなど作って持たせる事にします。

10月14日(水)

秋刀魚のしぐれ煮

秋刀魚のしぐれ煮 我が家でよく登場する秋刀魚の料理です。圧力鍋で煮るので骨まで柔らかくなってとってもおいしい。
 秋刀魚の下処理には、“茹でこぼす”もあるけど、さんまの皮が剥けてきたりちょっと面倒だったので、この下準備に出会ってからずっとこの方法で作っています。生臭さが抜けるんですね。

 甘辛く煮てあるので、ご飯にもあうし、冷凍しておいてお弁当に一、二切れ入れてもOKですよ!
 あまり甘くないのが、好みでしたらお砂糖を大匙1ほど控えても充分おいしいです。
 私は、5匹ぐらい秋刀魚だけ多くして作ってしまいます。

【材料】
秋刀魚・・・・・・3匹(400g)
醤油・・・・・・・大匙3
砂糖・・・・・・・大匙4  
酒・・・・・・・・大匙3
酢・・・・・・・・匙2
水・・・・・・・・2/3カップ
生姜薄切り・・・・20g

【作り方】
1、秋刀魚は頭をとり内臓を筒抜きにする。筒切りにして(4〜5等分)ざるに並べ、塩小匙1をふって15分おく。
 熱湯を静かにかけ、続いて水をかける。
2、鍋に生姜の薄切りの半量を入れて秋刀魚を並べ、調味料を注ぎ残りの生姜をのせる。
3、蓋をして火にかけ、煮立ったら火を弱くして15分、自然放置する。(煮汁は煮詰めても・・・)
 鍋の時は、30〜40分煮る。途中、煮汁が足りなくなったら水を足しながら煮汁が少なくなるまで煮る。
4、しぐれ煮を器に盛り、白髪葱、針生姜、茗荷のせん切りを混ぜ合わせて添える。

10月5日(月)

ファッションプラザくぼさん

ファッションプラザくぼさん 改装して、明るくなったお店の写真を紹介します。
 娘さんが担当していたヤング向けが少なくなったので、私には、ちょっとまだ早いかな・・・という感じの洋服が主流になってしまったのは少し残念だけど、バビッとした綺麗な色のブレザーとか大柄の綺麗な模様の入った服とかは、あと何年ぐらいしたファッションプラザくぼさんら似合う様になるかしら、な〜んて思います。
 なので、隣に住む母を連れて行って、母に自分のお金で服を買ってもらいました!(笑)

 お店におじゃまするたびに、いろんなお客さんがいて、いろんなおじゃべりもたくさんしていて、交流の場所にもなっていて大事な場所だな〜とつくづく思います。
 そして、小さい町の商店街って、結構大変な時代なのに、頑張っていこうっていう気持ちもすばらしいなって思います。

8月31日(月)

夏野菜のラムカレー

夏野菜のラムカレー カレーNo.2です。
 名前のとおり今の時期のピッタリのカレーです。レシピには、H17.8.19とあります。
 テレビで星澤さんが作っていましたが、え〜 ジンギスカンで作るの!とびっくりしてメモしました。
 これが作ってみたら、とってもおいしいのです。以来夏には必ず作るカレーです。家族に人気で、2倍の量で作る事が多いです。野菜をもっとたっぷりにしても大丈夫で〜す。

【材料】

ジンギスカン(味付)・300g  
玉葱・・・・・・・・・大2個
にんにく・・・・・・・2片
生姜・・・・・・・・・1片
ズッキーニ・・・・・・1本
トマト(トマト缶でも)大1個

ウスターソース・・・・大匙2
ケチャップ・・・・・・大匙2
塩・・・・・・・・・・小匙1/2
醤油・・・・・・・・・大匙1

【作り方】

1.大匙1の油で、みじん切りのにんにく、生姜、薄きりの玉葱を薄いきつね色になるまで炒める。
  油が回ったら透き通るまで、蓋をして強めの中火で、時々混ぜながら炒める。
2.約30分したら(長いけど、何かしながら時々混ぜればOKです)そこにお湯を2カップ、ウスターソース大匙2、ケチャップ大匙2、塩小匙1/2、トマトのザク切りを加える。
3.ジンギスカンに大匙3の小麦粉をビニール袋の中でまぶして、フライパンに大匙1の油をひき、広げながら焼く。そこに大匙2のカレー粉を振りかけいい香りになったら鍋に加える。
4.ズッキーニ、ナスを炒めたものも鍋に加え、30分程煮る。味を見ながら大匙1の醤油を加える。

 ※ジンギスカンは粉をつけて広げて焼くので、びよ〜んとしていない方が扱いやすいです。

8月31日(月)

ファッションくぼさん

 数日前から、地元の商店街の“ファッションプラザ くぼ”さんの改修工事をさせて頂いてます。
 清水町に移り住んでから、時々洋服を買いにおじゃましているお店です。
 ちょっとしたお直しなどは、サービスでしてくれます。地元のお店のいいところですよね〜
 とても明るくて、お肌もつやつや、ついおしゃべりしたくなる奥さんなんです。
 数年前には、おトイレの改修工事もさせて頂いたのですが、おしゃれだね〜素敵だね〜と他のお客様からも言われると喜んでもらっているのでうれしいです。
 今回は、一緒にお店の仕事をされていた娘さんが結婚されて奥さん一人ではお店が広いので、少し狭くすることになりました。
 先ほどチラッと覗いてみたら、壁も天井もすっかり明るくなっていました。
 9月7日ぐらいに新装オープンです、楽しみです。

8月31日(月)

料理講習会のお知らせ

 昨年から友の会の食講習部というところに入れてもらいお料理の勉強をさせてもらっています。年に4回程料理講習会を会員や一般の方に向けて行っています。
 私はまだまだ見習いもいいところなんですが、3人のベテランの先輩主婦の方のお手伝いをしています。
 次回は、9月30日に洋食の一食です。

 メニューは・・・
 ごぼうのホワイトスープ(たっぷりのごぼうの歯ごたえがとってもおいしい)
 牛肉のクリームソース添え(焼いた野菜もとってもおいしい)
 ピラフ(メインのお肉にとっても合う)
 アップルロールパイ(冷凍パイシートを使って簡単に出来ちゃうパイです)
 サラダ(グレープフルーツをのせてさわやかな味)

 講習料は、1,800円です。
 詳しくは、帯広友の会のホームページにもでていますので、“帯広友の会”検索してみて下さいね。

7月21日(火)

カレー

カレー 市販のカレールーって油が多そうなので、いろんな作り方のカレーに挑戦してます。
 これは、先日お友だちから教えてもらったレシピで作ってみました。
 市販のルーを2かけだけ使いますが、ブイヨンもなし。なかなかおいしいんです〜 
 ターメリックライスがとっても合います。やっぱりカレー、一晩おくと更においしい!
 紹介しますね。

【材料】

手羽元・・・・・・・8本
プレーンヨーグルト・200g
トマト缶(1缶)・・400g
にんにく・・・・・・1片  
生姜・・・・・・・・1片 
玉葱・・・・・・・・大1個
  
バター・・・・・・・大匙2  
カレー・・・・・・・大匙2弱 
ウスターソース・・・小匙1
水・・・・・・・・・3カップ
カレールー・・・・・2かけ

【作り方】
1.鶏肉をヨーグルトに漬けておく。(1〜2時間か、一晩でも)
2.バターを溶かし、刻んだにんにく、おろし生姜を炒める。
3.薄くスライスした玉葱を薄いきつね色になるまで炒める(油がまわったら、蓋をして強めの中火で、時々混ぜながら炒めると案外早くできます)
4.カレー粉を入れて粉っぽさがなくなるまで炒め、トマト缶、水、鶏肉をヨーグルトごと、塩を入れて40〜1時間ほど煮込む。(私はここで圧力鍋に入れました)
5.ウスターソース、カレールーを入れる。
ターメリックライスは、ご飯を炊くときに、ターメリックを適量(小匙1?アバウトです)バター大匙1位、塩少々を入れて普通に炊きます。

7月7日(火)

塩ホルモンのから揚げ

塩ホルモンのから揚げ 札幌の元気な居酒屋さん“桜チョップス”で食べておいしかったというので作ってみました。
 味つきの塩ホルモンをさっと洗って(洗わないで、汁をとるだけでもいいと思います)
 キッチンペーパーなどでしっかり水分をとってから粗引き胡椒を振りかけて、片栗粉をまぶして揚げてみました。
 あのホルモンの独特の匂いが、大好きでない私も、う〜ん なかなかおいしい!
 ご飯のおかずにもなるし、ビールにもバッチリです。
 今回のは、“ぷらあっとほーむ”にも置いてある、十勝清水フードサービスの塩ホルモンで作ってみました。

7月2日(木)

やきもの市

 この前の土曜日、日曜日は、清水町で“やきもの市”がありました。
 一つぐらいは・・・とつい買ってしまう方なので、ここ何年かはご無沙汰。
 でも、今年は主人が立ち上げのメンバーに入っている野菜の直売所が、やきもの市にあわせてプレオープンということもあったので行ってきました。
 直売所は、お客様もたくさん来てくれて大盛況、ワラビの塩漬けとかハスカップなどもあったり、いろんな商売をされている方が仲間なので野菜以外にもいろいろありました。
 うちの会社のパンフレットもしっかり置かせてもらって・・・
 お店の感じも明るくてとってもいいし、新鮮な地元の野菜が買えるのはホントにうれしい。
 7月は、火、木、土が営業日です。是非来てくださいね。
 ・・・ということで、やきもの市。
 いろいろ見ながら歩いていると、何年も前に気にいって、ずっと使っている私のカップと同じ種類のものがありました。
 東川町の“春悦”さ-んっていう名前のところでした。
 違う柄のを一つとお揃いの湯のみを一つ(お値段が・・・)買って帰りました。
 主人が使うなり、このカップいい!ということで、主人のカップになってしまいました。
 その一つだけ買った湯のみがとっても良くて、次の日にまた訪ねてしまった私です。
 そうしたら、またまたかわいい箸置きを発見!道の駅とかでも置いていて、作っても作ってもすぐに売れてしまうんですって。スプーンもおける形で、すっかり気に入ってしまいました。
 なんだか幸せな気分・・・

6月23日(火)

うれしいメール

 中札内のOさんの奥様から、枠に入れて飾っておきたいぐらいのうれしいメールを頂きました。
 紺野さんにお願いしてよかったです、訪れた方もすごく褒めてくれて自慢のお家です。って書いてくれました。

 私、完成してから初めて訪ねたときは、え〜すご〜い!すご〜い!の言いっぱなしでした。
 うちの会社でもこういう感じの家ができるんだぁ・・・な〜んて思ってしまいました。
 でも、それはOさんご夫婦がいろいろ頑張って考えたことが大きいです。そして、そのお手伝いができて本当によかったです。

 Oさんが、初めて我が家を訪ねてきてくれたのが、去年の4月だから1年と少しですね。
 たくさん喜んで頂いてホントに嬉しいです。お訪ねするのが楽しみです。

6月20日(土)

畑おこし

 いつもの年より遅くなりましたが、やっとプランターにお花も植えて、ちょっとした菜っ葉ぐらいと思い、さあ〜種まきでもしようかな〜とラズベリー畑になりそうな、ほんの狭い畑ですが、スコップでまずは畑おこしをすることにしました。
 すると、ひと堀りする度に太い20cm以上もあるミミズがニョキッ、ニョキッと出てきます。
 ブチッ切れてしまい、うわ〜ごめ〜ん!とか言いながら5〜6回掘ってみましたが、あまりのミミズの多さにめげて掘るのを止めてしまいました。
 去年はこんなことなかったから、春に撒いた生ごみ堆肥のせい?
 主人曰く、ミミズがたくさんいるってことは、完熟の手前なんだって、とのこと。
こういう畑はどうしたらいいのかしら・・・

 そういえば、ミミズが多いせい?堆肥がおいしいから?今年は、ずい分と鳥たちが多い様な気がします。
 この時期は蜘蛛がすぐに巣を作るから、ひっかかってしまうこともあったのですが、きっと鳥に食べられちゃうのかな、くもの巣が少ないような気がする我が家です。

6月20日(土)

料理講習会

 久しぶりに新聞に写真を載せてもらいました、19日の十勝毎日新聞にチラッと。
 友の会の最寄講習会の様子です。朝食をおいしく食べよう!と題して芋料理8品に野菜と卵料理が1品づつです。
 なぜ芋かっていうのは、後ほど詳しく・・・
 芋を食べると腹持ちがいいらしく、お昼の前のお腹のすき具合が全然ちがうみたいです。
 芽室の愛菜屋さんで、常時おいている越冬のお芋はおいしいしお安くて大助かりです。
 今回の講習会は、同じ最寄のまきちゃんと、それぞれ5人ずつのお客さまと一緒に作りました。
 こういう講習会をすると、何回も練習するので、しっかり自分のものになるんですが、自分ではさっと作れても、いざ人に伝えながら作るとなると、私の場合はまだまだ大違い、伝えそびれたこともあったり反省は多々・・・
 でも、どれもおいしく出来上がったし、来てくれたお客様のお役にたっていたらうれしいなって思っています。

6月15日(月)

ファスナーの修理

ファスナーの修理 息子のパーカーのファスナーが、上には上がっても閉じてるはずのところが、だ〜と開いちゃうんです。
 お下がりだけど、まだ痛んでないし、もったいない・・・
 マリエッタなら修理してくれるかも、と思い帯広のラポートへ。つい最近ここがマリエッタだと知りました。
 お店に入って最初に目があった若い男の子にお願いしました。修理してくれている間に、少しおしゃべり。
 40代も後半になると(歳のせい?)なんだか気軽というか遠慮なくというか、つい話かけてしまう様になった私です。
 ほんの数分で金具を取り替えてくれて、修理完了です。レジにいくと“ファスナー直します!”っていうチラシがちゃんとありました。630円でした。

6月15日(月)

緑が一杯!

緑が一杯! 近くに住むお友達のMちゃん家のお庭です。
 とっても綺麗なので、写真撮らせてね〜とパチリ!
 毎年、綺麗な花や緑で一杯です。右側のクレマチスが咲くこの時期が一番好きな時なんですって。
 プランターの寄植えも雨の日は軒下に入れるからいつも綺麗に咲いてます。愛情一杯です!
 私もピンクのベコニアの苗とかをもらってこれから植えるところです。大事に育てなくちゃ・・・
 去年は、ご主人とデッキを手作りしました。さらにいい感じのお庭で、今年も楽しんじゃうんだろうな〜

6月8日(月)

やってしまったぁ!

 夕食を終えて台所に立ち、ふと目の前の天板をみると、よく使う小鍋と同じ大きさに白くなっているところを発見!
 え?え?私?熱い鍋おいた?・・・
 今さっきウインナーを茹でてくれたのは三男。台所に三男を呼び聞いてみると、ん?俺?
 二人して記憶がありません。でも、しっかり色が変わってしまっているし、私かもしれないし・・・俺だったらごめん・・・
 ・・・仕方ない、深く考えるのはやめよう。

 でも、よ〜く考えてみるとやっぱり私かも。天ぷらを揚げようと思って小鍋に油を入れて熱したけど、もう少し大きい鍋に変えることにして油を移し、そんなに熱いとは思わずに、そのままその小鍋を置いちゃった様な気がしてきました。ふ〜・・・自分かも、って言っておいてよかったぁ。

6月2日(火)

玄米ご飯

 この頃、玄米ご飯が美味しくてちょこちょこ炊くようになりました。
 私は、小豆とか黒豆を入れて炊いたのが好きで、お豆を甘くしないでも食べれるので、毎回でも入れたいところなんですが、家族は、豆が入っていたら、食べない・・・なので、私が妥協してます。
 他の人からも聞きますが、男の人って、豆自体の甘さがいやみたい。
 ほんとは、土鍋とかでじっくり時間をかけて炊くのが理想らしいのですが、うちは圧力鍋です。
 まあまあふっくらと炊けるようになったので、おいしいね〜と食べてます。
 (実は、最高に美味しく炊けますっていう、圧力鍋の中に入れる土鍋でカムカム鍋っていうのを試したのですが、時間がすごくかかる炊き方で、長続きしなかったのです。)

 でも、玄米っていうとお肉やお魚は食べない玄米菜食のイメージですが、うちは何でも食べちゃうので、玄米ご飯を食べてます。
 日本人の主食のお米だし、栄養も一杯だから、もしちょっと元気がなかったり体に気になるところが、ある方には、お薦めですよ〜

4月23日(木)

浅漬けの器

浅漬けの器 ポスフールで見つけました。こういう手作り風のガラスの器に弱いです。
 うちには小さいかな?と思いながらも、そのまま食卓に出せるし、何ともいえないかわいい形なので買いました。
 さっそく浅漬けを作りました。たしか2%位の塩分がちょうどよかったような・・・
浅漬けの器  きゅうり2本と塩と昆布の細切りを少し。・・・美味しく出来ました。
 もう少したくさんはどうかな? と、きゅうり、大根合わせて400g。
 器に入るかしら?というぐらいの量です。ボールで塩とあえてまた昆布も少し入れて、漬けてみました。
 2時間もすると、浮いていた蓋も沈んで、ちゃんとよく漬かっていて美味しく出来上がりました。

4月13日(月)

新メニュー

新メニュー 冷蔵庫をのぞいてもピンとくる組み合わせがなかなか見つからないある日の夕食準備。
 牛乳だけはたくさん・・・となるとシチュー? おかずにならないし・・・
 と、ドリアを思いつきました。でも、こってり、ではなくて、ちょっと工夫して和風に挑戦。
 ベビーホタテと長葱を塩胡椒で炒めて、北見のお友だちのお土産のオニオンスープの素を隠し味に少々。
 そして炊きたてご飯に混ぜました。
 ホワイトソースは、バターよりサラダ油が多いぐらいにして小麦粉を炒めて牛乳だけでなく水も少し入れて、あっさりめのソースにしてチーズをパラッとかけて和風ドリアの完成です。
 う〜ん、美味しいと好評のドリアでした。作った私も満足!

4月13日(月)

毛布ないかな?・・・

毛布ないかな?・・・ 旅行先で知り合った少し年上の千葉県に住むお友達に作りました。
 その人は、編み物が得意でマフラーを編んで何度か送ってくれるので、お返しに作りました。
 ずっと気に入ってしまってあったひまわりの柄です。元気でそうでしょ
 ご主人が大好きなお芋も一緒に入れて送りました。冬を越して十勝のお芋、ますます美味しくなってます。

 いつか、鍋帽子作る会・・・をしたいな〜って考えてます。ただ、中に入れる古毛布がなかなかなくて、何処かにいらない毛布はないかとアンテナ張っているところです。お気に入りの柄で一緒に作りましょう!

4月1日(水)

発見

発見 以前に札幌に行った時、なんだか雰囲気のいいお店だわ〜と、引き込まれる様に入ったお店が、すっかり気にいってしまい、今回で3度目です。イタリア料理 オリゾンテ というお店です。
 いつも人が一杯で、隣の人との距離も近いんだけれど、全然気にならなくて、ざわざわしているんだけれど、自分達のテーブルの話はちゃんと聞こえ発見て、なんだか不思議な感じです。
 帰るときには、外まで出てくれて姿が見えなくなるまで見送ってくれる。
 更に振り向くと、手を振ってくれる。もう、びっくりしちゃいました。
 帯広にも石釜のあるお店もあるけど、このお店も石釜で焼いたパリパリのピザがとってもおいしいです。
 お店の方が、世界大会に優勝?か入賞しているらしくて、メニューに、2000何年 世界大会ピザな〜んていうのがあります。このピザもそう、4種類のチーズとなんとか・・・ゆず胡椒・・だったかな。
 ごめんなさい、はっきりしてませんが、とってもおいしかったです。
 (やっと、私専用のデジカメを買ってもらったので、写真が増えると思いま〜す!主人に頼んで買ってきてもらったカメラはピンク色でなんだかうれしい・・・)

 数日後、ピザ生地を作り、冷蔵庫で使ってもらえず寂しい思いをしていた柚子胡椒をのせて、(他の具はトマトソースとウインナーの普通です)作って食べました。

3月24日(火)

生ゴミ処理機

 生ゴミ処理機が我が家にきて、2ヶ月程経ちました。なかなかいいです。
 今までは、秋に深い穴を主人に掘ってもらってコンポストに入れてましたが、結構外に捨てに行くのも大変で、でも燃えるゴミに出すのも憂鬱で、あ〜あ〜・・・な〜んてため息をついていたら、主人が、「そんなに大変なら生ゴミ処理機でも買うしかないんじゃないの?」と一言。確かに・・・
 と思い切って買ったというわけなんです。

 我が家では、ソーラー発電なので、なるべく発電している時にスイッチを入れる様にしてます。でも、水分が多いと何時間も回っているので、野菜、果物の皮とか匂いの出ないものは、新聞紙を広げて乾かす様にしました。
 ちょっと手間はかかるけど、電気を大事に使いたいと思ってます。
 ソフト乾燥(少し時間がかかります)にすると、すぐに効く堆肥として使えるので、さっそく枇杷の木などにあげました。しばらくすると、小さな虫が、ぷ〜ん・・・栄養ある堆肥をあげたからかも!
 害もないし、まぁ、いいかな。

 こっそり投稿 from H.K

 一番助かってるのは、穴を掘らなくてよくなった私です。

2月23日(月)

オープンハウス

 21、22日の土曜日、日曜日に既に引越しされて住んでいらっしゃるNさんのご協力を頂き、Nさん邸の公開をさせて頂きました。
 お客様の思いのこもった大切な住宅を拝見するので事前に申し込みを頂いての公開です。
 こちらからお知らせした方や、新聞に載せた広告などをみて15組のお客様がいらっしゃいました。
 普段からホームページを見ていてくれている方や、ある一組の方は、建築中なのは知っていた方で、その日は実家のある清水町に来るために、たまたま高速道路が通行止めになっていて国道を通ったところ、紺野建設(株)のノボリが上がっていたので、あの家が出来たんだね、と訪れた方もいました。
 お話していると、なかなかお客様もこだわりを持った方が多くて、こちらも勉強になることが沢山です。
 当日は奥様が実際に住んでみてのとても実感のあるお話をしてくださったり、2日目は設計士の浅香さんも札幌から駆けつけてくれて、直接いろんなお話が聞けたりしたので、来て頂いたお客様もとてもよい時間だったのでは・・・と思います。
 私も2日間、Nさんのお宅のと〜っても気持ちのいい空間で、すっかりくつろぎ、いろんな方とおしゃべりもできて、楽しい2日間でした。
 快く公開して頂いたNさんご夫婦に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!

2月25日(日)

いい機会

 つい先日、いつも頭を捻りながらヴァナゴンのお世話をしてくれている松田自動車さんのAさんから、ジープを売りたい人がいる、との電話がありました。
 主人はジープとか四駆系が大好き。私とつき合い始めた頃は、16インチというグループでツーリングをして、山に入って、わざと(だと思う・・・)埋まっては、ウィンチで引っぱる・・・そんなことをして楽しんでいたので、いつかはまたジープに乗りたいな〜というのをAさんに伝えていたみたいです。
 我が家の家計を握っている私は、パッと閃きました!「家でお酒を飲むのを止めたら、買ってもいいよ〜」
 主人の横顔がニヤッと緩みました。
 お酒代は減って健康にもいいし大好きな車にも乗れて、一石三鳥です。
 ・・・もうすぐジープがやってくることになりました。

1月23日(金)

講演会

 昨年の3月まで宮内庁の厨房長をされていた方の講演会に行ってきました。
 退職後清水町と何かご縁ができて、この町を訪ねる様になったとのことで、今回の講演会になりました。
 やはり気になるのは、どんな食事をされているの?っていうことですよね。
 退職しても国家公務員の守秘義務がありますので、ということで詳しいお話は難しいとのことでしたが、普段は、お魚とか納豆とか本当に普通の食事とされています、とのことでした。
 料理を作る側としては、難しい栄養計算をしなくてもいろんなものを食べる様にしていたら、自然とバランスがとれた食事になると思います。
 今時期だと、ふきのとう(皇居から採ってきたものを見せてくれました)とかつくしなど、旬のものをとても大切に料理されていることなどを聞かせて頂きました。

 私が一番残ったのは、皇后さまに、なるべくゴミを出さない様に、とかなるべく洗剤を使わないようにお願いしますね、と言われるそうです。
 野菜などでも、捨ててしまいそうなところを工夫して料理をすると、とても喜ばれるそうです。
 アクリルたわしも使っているそうです。環境のことをとても大事に考えていらっ しゃるんですね。
 こういうお話がもっと私たちに伝わればいいのに・・・と思いましたが、洗剤の会社もあるし難しいのかもしれません。

 さっそく!と思ったことは、この頃話題になっていますが、干し野菜です。
 沢山ある時も少し余った時もすぐに干してしまうそうです。
 大根などは、切り干しにすると干す時に場所をとるので4ツ割りにして割り箸をさして干すって言ってたかしら・・・3〜4日干したのもしっかり干したものと〜ってもおいしいです、とのお話を聞いたので、ちょっと今の時期は凍ってしまいますが、普段の生活の一部にしたいなって思いました。

1月13日(火)

お弁当

 今日の二男のお弁当は、えび天弁当です。
 友だちからは「おいしそ〜」と言われ、実際おいしいらしいのですが、実は簡単手抜きです。朝、解かしておいた海老を天ぷらにして、豚丼のたれを、タラ〜とかけるだけ。
 味が足りない時のためにしょう油入れにもたれを入れて持たせてます。あとは青菜のお浸しか何かをちょいと詰めて出来上がりです。
 そして今日は残った衣に、桜えびを入れて天かすも作って冷凍しました。
 麺を食べる時に天かすがあるとおいしいですけど、お店に売っている天かすは、とっても日持ちするし、なかなかついでには作れないくせに、やっぱり自分で作ろうって思い直して買わないことが多い私です。
 朝、ちょっとこういうことができるとなんだかうれしい。こういうのを手間貯金なんていうのかしら・・・

 豚丼のたれ、作っておくととってもいいです。豚肉をジャ〜と焼いて豚丼弁当もあっという間に出来てしまうし(たぶん男の子向きかも!)
 作り方は簡単です。しょう油 1.5カップ、ザラメ 1カップ、みりん 1/3カップ、これを鍋に入れて蓋をしないで火にかけて静かに煮立て、煮立ったら火を弱くして10〜15分とろみがつくまで煮ます。
 冷まして常温で3ヶ月ぐらいは大丈夫です。
 私は、ザラメではなくて、てん菜糖とかサトウキビから出来たお砂糖の方がおいしいしミネラルとかもあるので、そちらを使うことの方が多いです。作ってみて下さいね。

1月3日(土)

お正月休み

お正月休み 次男は高校に入ってから、いろんなことがあり、考えた末に秋から吹奏楽部に入部しました。
 希望の楽器を演奏することができて、毎日楽しく頑張っています、その楽器はコントラバス。
 いつからか憧れていたようでした。
 そのコントラバスをお正月休みの間、家に持ってきて練習してよい、とのこと。
 それを聞いた時、飛び上がって“やった〜”と手を叩いて喜んだのは、主人でした。
 大学の頃、バンドでベースを弾いていた主人もコントラバスには憧れていたんだそう。
 指使いはベースと同じなんですって。とってもうれしそうに弾いています。

 この写真、なかなかいいアングルとみんなで感心。三男が義父から譲りうけたカメラで取りました。
 ものまねが上手くて、カメラマンの様に「はいっ、いいよ〜いいよ〜」な〜んて調子です。

1月3日(土)

新年

 明けましておめでとうございます。今年も幸せなことがたくさん皆様にあります様にと願っています。
 昨日、隣の義父が言うには・・・いや〜昨夜、茄子がたくさん生って生って、どうしたらいいだろ〜っていう夢を見た、とのこと。なんともうれしい夢です。
 久しぶりに帰って来た長男を迎えて、ゆっくりお正月過ごしました、また今年も紺野家一同頑張ります!去年の私は、会社の仕事の他に、友の会、商工会その他のことで、よい出会いもあったし、、いい経験も出来たけれど、少し忙しすぎて、フーフーだったのです。
 暮れには、いつもお世話になっている友の会の仲間のOさんに、「今年は忙しかったね、真実ちゃんが、居眠りしている夢まで見たわ〜」と。気にしてくれていたんです。(仲間といっても昭和7年生まれの私の母より年上の奥さんです。)
 ・・・と、たまたま日記がご無沙汰だった言い訳をしているようですが・・・
 また今年もよろしくお願い致します。

ページのトップへ