-2011年-

12月8日(木)

ピザづくり講習

煮洗い 今年度も商工会女性部の私の係は講習会担当。
 女性部の方たちにも一度コテージに来てもらいたいな・・・と思っていたので、コテージでの料理講習会を提案しました。
 28日月曜日の夜に13人の方が集ってくれて、ピザの講習会をしました。

 きっといつも忙しい商店街の奥様たち、ピザ生地はパンほどしっかりこねなくてもそれなりには出来るとはいえ、10〜15分もこねて発酵させて・・・なんて、なかなか難しいかも?
 そんなことを考えていたところ、冷蔵庫発酵だと生地を軽くまとめるだけで、冷蔵庫に一晩入れておけば、OK!と、ちょうどタイミングよく私の耳に入ってきました。
 そこで、今までの自分のレシピを基に何度かいろんな分量で作ってみて、結構ギリギリにレシピが完成(汗っ)

 メニューは、玉葱ドレッシングを作って白菜の千切りを合わせたサラダ、鶏むね肉のハーブ焼き、それを焼いたパンにはさんでサンドイッチに。
 そして、前日からコトコトを煮込んでとってもおいしくなったピザソースの上に、地元のお肉屋さんの辻屋さんで切ってもらったベーコンをのせての薄焼きピザです。

 ピザソース以外何かないかな? と商工会の担当の女の子に聞いてみると、ピザハットとかには、プルコギというのもあるそう。
 そこで、うちの韓国風のたれに豆板醤と効かせてピリッとさせたお肉をのせました。そして、もう一つはツナカレーマヨネーズ。

 要点だけお伝えしたら、後は皆さんで、次々と伸ばしたり具をのせたり。
 コテージの300℃で焼けるガスオーブンで、5〜6分位焼いて、熱々のピザを食べました。
 差し入れのたくさんのお漬物もたくさん。
 用意などは、いろいろ大変でしたが、みなさん喜んでくれたので、よかったです!

11月30日(水)

ごくまれ日記?

 主人から、極まれ日記に名前変えたら〜と言われてしまいましたが、今年も終わりに近づいたこの頃、ちょっとがんばった年だったかな・・・と思ったりします。

 勝毎の記者さんは、11月2日に来て写真を撮っていってくれて、2〜3日後に載ると思います〜とのこと。
 ドキドキしながら待っていましたが、なかなかでないので、ボツになったのかな・・・と思っていたところ、ドーンとあまりにも大きくてびっくりでした!

 さっそく記事を読んだ方から申し込みがありました。最後の15日は、お友達を誘ってくれた方もいて7人のお客様でしました。
 こうして集ってきてくれる方って縁があるのか、そういえば前に会ったことあるよね!という相手が3組もいました。
 (うち1組はとうとう思い出せずに分かれましたが・・・)
 話が弾み、コテージの片づけをきれいに手伝ってもらい、自宅に寄ってもらってのおしゃべりにも花が咲きました。

 今回のたれシリーズは韓国風のたれで作った肉じゃがが、今まで食べた肉じゃがの中で一番おいしい!と言ってもらったり、市販の練りゴマを使わずいりゴマをミルサーで練りゴマに近くして作ったゴマだれや五目豆もとっても喜んでもらうことができました。

 4月にコテージが完成した時は、講習会などできたらいいな・・・という感じだったのが、形になったことは嬉しいです。
 人にお伝えするのは、まだまだですが、集った方たちが楽しい時間を過ごしてくれることもとても嬉しいので、大きく載せてもらった新聞に負けないように、またまた体にもいいお役立ちレシピを考えて企画していこうと思います。

10月15日(土)

煮洗い

煮洗い 煮洗い・・・初めて聞いた方は?ですよね。
そう、洗いたいものを煮るんです。私が時々するのは、布巾の煮洗いです。
 塩素系の漂白剤を使うと、真っ白にはなりますが、臭いもきついし、家の汚れはきれいになるけれど、排水に流れていったあとは負担が大きそう。

 お鍋(専用にした方がいいです)にお湯を沸かして、粉石鹸を小匙1〜2杯、白くしたい時は酸素系の粉の漂白剤も小匙1〜2杯入れて、コトコトと10〜15分煮てからすすぎます。
 とってもすっきりですよ。

 この煮洗いは、布巾だけでなく頑固な汚れが焼きついてしまったお鍋ややかん、ザルなどの汚れも、気持ちいいぐらいつるんと落ちてピカピカになります。
 ガスの五徳などは少し長い時間コトコト。ちょっと手ごわいですが、汚れが落ちやすくなります。コーティングされているものは気をつけてくださいね。

 こういうことはちょっとひと手間かかるので、さっと始めるには普段の準備も大事。
私は、粉石けんと酸素系漂白剤を小さいビンに入れて台所の石鹸をおくところにおいて、鍋もわりと近くにおいてあります。
 こうしておくと思いついた時にさっと始められるので、塩素系のものはほとんど使わないで済んでいます。

 年末のお掃除にも是非チャレンジしてみて下さい。

 ※酸素系の粉の漂白剤は、あまりあちこちには置いていないのですが、帯広市でしたら、コープベルデ店の隣の日用雑貨のお店にあります。

10月13日(木)

第3回目の講習会が決まりました

 第3回目の講習会です。

 前回参加の方に、どんな内容を希望しますか?などアンケートを書いて頂きました。
 カレー・ナン・おもてなし料理・魚のさばき方や鮭の料理・ビビンバ・安心お菓子・・・・
 希望をたくさん頂いたのにもかかわらず、結局は自分のお伝えしたいものを選んでしまいました・・・・
 いえいえ、そういう訳でなく1回目から参加してくれている清水町Kさんの奥様とのおしゃべりの中でヒントをもらって決めました。

 普段のお惣菜に大活躍のたれやドレッシング、ゆで大豆を使ったお料理に落ち着きました。
 たまたま日記でも紹介したこともあるものですが、たれなどの作り方と使い方を実習したいと思います。
 そしてポットで簡単に戻した大豆を使ってお豆の料理を2品紹介します。
 ほとんどの市販の麺つゆやドレッシングの裏を見ると、アミノ酸等〜とか蛋白加水分解物とあるので、手作りするとこれが避けられし、簡単にできるのでとってもお薦めです。

 前に参加した方がお友達を誘って来てくれたり、お誘いしたい方がどんどん増えて今回は平日と土曜日2回づつの4回することにしました。
 日時が決まって、前に参加してくれた方に連絡を始めると、ほとんどみなさん「行きます〜」というお返事を頂いて、何回も作りましたよ!と言って頂いたりと、とっても嬉しい気分です。
 私がお誘いできない一般の方にもお知らせしてみたいな・・・と思い、地元の新聞の十勝毎日新聞に無料でイベントのお知らせを載せてもらえるところを考えましたが、ふと・・・記事でも取材してもらえるかも?と清水町の担当の方に連絡しました。
 29日に取材にきます、とのことで、勝毎にも載せてもらえるかな〜

 前半3回は、ほとんど一杯になりそうですが、15日はまだ大丈夫なので、是非お待ちしています。

9月3日(金)

お料理講習会の続報

お料理講習会の続報 今回2度目の講習会は、秋刀魚の料理にしました。

 身近で揃う材料にひと手間加えて簡単に作れる、我が家の定番メニューです。
 秋刀魚の三枚おろしができたら、鯖も簡単にできるしグンとレパートリーが広がります。

 8/27、9/2の2日間で12人の方がいらっしゃいました。
 前回参加の方が、ほとんど皆さんまた来てくださり、そしてお友達も誘って来てくれました。
 三枚おろしをするのが始めての方もいましたが、みなさん、なかなか上手です。

 参加された方からさっそく、「三枚おろしをして南蛮漬けを作りました、主人もおいしい〜と気に入ってました!」
 「三枚おろしにはまりそうです〜今回も楽しかったです!」
 など、メールを頂き、ちょっとお役に立てたかな〜と嬉しくなりました。

 9/10も今のところ6人の方が参加の予定で、また楽しい時間が過ごせそうで楽しみです。

7月23日(土)

2回目のお料理講習会

 昨日、5人の方が来てくださり2回目のお料理講習会をしました。
 私の段取りや進行具合の慣れないところも多少あったのは許していただくことにして、お二人の方以外は皆さん初対面の方でしたが、いろんなおしゃべりをしながら作っておいしく食べました。

 今回は、餃子はよく作るけれど、皮までは〜という方や代休までとってきてくれた方。
 そしてお二人の方は、前々日の20日に川西の大平原交流センターで 「酵素」 をテーマにしたお話があるというので興味深く、申し込んで聞きに出かけたのですが、そこで出会った楽しそうなお二人。
 「明後日は、何か予定が入っています?」と突然のお誘いにもかかわらず、帯広から来てくれました。

 人と人との出会いって、本当に不思議で楽しいです。

 前回も今回も、よく切れる包丁の感覚や手作りしておいしかったので、家に帰って料理がんばろう〜って思えたんです!という様な感想を頂いてとっても嬉しいな〜と思いました。

 また、企画しますので、参加してくださいね。

7月12日(火)

初めてのお料理講習会

 9日の土曜日、5人のお客様を迎えて初めてのお料理講習会をしました。
 大まかな準備ができた1週間前から、お誘いを始めましたが都合が悪い方が多く、しばらくは先日地鎮祭を終えられたTさんの奥様お一人でした。
 これはもう、Tさんのご主人にも来ていただいて、食べてもらわなくちゃ・・・な〜んて考えていましたら、次々に参加できる方が増えて、ちょうど予定していた5人の方がこれることになりました。(ほっ・・・)

 皆さんで餃子の皮をのばして包みました。
 餃子の他には、ラーメンの麺を茹でてから焼いた麺を使ってのあんかけ焼きそば、ごま油を効かせた具を炊いたもち米に混ぜ込む中華おこわ、豆乳を使って作る火にかけずに作る簡単なプリンです。

 “もち粉入り餃子の皮”というのも生協などのお店には売っていて、おいしい皮も買うことができますが、作った皮の餃子は、また違った食べ応え、そして手作りの楽しさもあるし、地元の小麦粉を使えるし・・・
  そんな理由で、ちょこちょこ自分で作っていましたが、それをお伝えする場があって、私自身楽しいというかとってもうれしいです。

 今回は、広島県や大阪出身の方もいて、話題も盛りだくさんで、おしゃべりもとっても楽しかったです。
 次回は22日です。
 今のところ2名の方の参加なので、まだ大丈夫です。都合のつく方は是非いらして下さいね。

7月1日(金)

夕食作り

 主人が、いろいろ勉強をさせてもらっている同友会の会議をコテージで、という事になりました。
 いろんな方に、この家を見て頂けるので嬉しいです。
 いつも同友会の会議では、お弁当を用意するそうですが、なんだか、あのコテージでお弁当を食べるのも・・・(夜は特にいい感じなのです!) と思い、私作ってみようかな?と伝えると、OK!という事になりました。
 メニューは、野菜が一杯、こだわりカレー粉のチキンカレー、鶏ハーブ焼きを挟んだサンドイッチ、お豆のサラダ、プリンにしました。材料費ということで、700円頂くことにしましたが、みなさんちょうどないからと、千円づつ頂いてしまいました!
 ちょっとお世辞もあるとは思いますが、おいしい〜といって食べてもらえて、少し緊張しましたが、いい経験をさせて貰えました

6月29日(水)

ガスコンロ

 コテージ3の台所の火口は、ガスにすることになり、リンナイ、パロマ、ハーマンのカタログを見比べました。
 ガスコンロってこんなに素敵なの?というぐらいどのメーカーの機種もすっきりおしゃれなので、びっくりです。
 見比べてもよくわからなくなり迷っていましたが、ハーマンのダッチオーブン付きというのが、目に留まりました。

 もう何年も前、アメリカのどこかの街で、ダッチオーブンでメインからデザートなど次々と作っていく大会の様子を見たことがあったので、なんとなく憧れのダッチオーブン。
 という訳で、ハーマンに決めました。そして、時々パンやお菓子も焼くので、ガスオーブンもつけてもらいました。

 コテージ3は、見学だけでなく、そこで、お料理を作って食べたり、おしゃべりをしながらくつろいで頂いて、木の家を味わってもらえる様にこれからいろいろと考えていきたいと思っています。
 今、ちょっとした講習会を計画中です。

 まずは、ガスに慣れなくちゃとちょこちょこ材料を持ち込んで、作ってみています。
 ある時、カレー用の玉葱を炒めてみました。
 よく玉葱があめ色とか濃いきつね色になるまで、と料理の本には書いてありますよね。
 でも、我が家のクッキングヒーターで作ると、何だか、本に書いてある様な時間ではうまくできないことがあった様な気がするのですが、ガスで作ってみると、とってもきれいに出来上がり、やっぱりガスは違うわね〜
 な〜んて言っていましたら、クッキングヒーター4口のうち、一番よく使う場所の火の調節がおかしくなってしまって、弱火にしても強火のまま。
 あ〜あ、あんまりガスがいいとかいうから、おかしくなっちゃったのかな・・・
 我が家のは、ドイツのAEGのもので、4口ともラジェントヒーターで魚焼き器がない厚さ5センチ程のヒーターです。IHではないのをつけたくて選びましたが、修理代は、やっぱりちょっと高めです。
 どうしようかな・・・と迷いながら使っていました。
 でも、ガスコンロを使っていると、吹きこぼれたり、ごとくに飛んだものが焼きついてしまったり。
 クッキングヒーターの平らな表面を、さ〜と拭きながら、やっぱり電気もいいわ〜
 子供たち3人、仕事その他バタバタと忙しかった私は、この掃除のしやすさに助けられたんだわ〜と思いなおしていました。
 すると、いつの間にか元に戻っていたんです!いやいやほんと偶然? 驚きでした。でもよかったぁ〜

6月24日(金)

落とし蓋

落とし蓋 平成19年に大成功の居間のリフォームをさせてもらった帯広市に住むSさん夫婦、お友達の様なおばさんです。もともとは母の同級生。
 先日帯広の街に用事があり、すこし時間が空いたので在宅かどうか電話してみました。
 「今、受川さん(昔からある大きな文房具やさん)にいるのだけど、これから寄らせてもらって落とし蓋もいい?」
 「あら〜いいわよ〜じゃあ、パラフィン紙買ってきてくれる?」
 「パラフィン紙?」
 「そう、落とし蓋に使うのよ」
 たしか薄い紙・・・でも?のまま5枚ほど買って行きました。

 おばさんの家に着くとさっそく、見せてくれました。
 「これだと、使い捨てしても惜しくないのよ〜また切るから、あげるね。」
 ともらってきたので、さっそく使ってみました。

 なるほど〜切れ目があるので、どんな大きさの鍋にもいい!
 まとめて切るのはひと手間だけど、全紙という大きさで、1枚26円。
 おばさんからもらったのは、25cm×28cnなので計算すると1枚から78枚分!
 木の落とし蓋だと魚臭くなったり油が多いとちょっといやだし、クッキングペーパーだとすぐに捨てるのはもったいないし・・・
 だったので、 いいこと教えてもらっちゃったと喜んでいる私です。

6月3日(金)

エスニック料理

エスニック料理 定期購読している「婦人之友」が届き、パラパラっとめくると今月の料理の紹介は、タイ料理を中心とした5品でした。
 家庭の真ん中にある食卓から、どうか元気が生まれますように・・・と料理を紹介している方が書いてあるのを読み、何だかじ〜んとした気持ち。
 そして、1週間後に人がくる予定もあり何を作ろうかな?と考えていたところだったので、パイナップルチャーハン、鶏胸肉の胡麻和えサラダ、キムチご飯の春巻き、タイ風春雨炒めの4品を作ってみました。

 でも、ナンプラーは冷蔵庫の隅にあるもののパクチーは手に入らないので、ちょっと違うかも?と思いつつセロリを少なめに使いました。
 パイナップルの葉ごと縦に切るとこんなにきれいなんだ!と感激しつつ、楽しく作りました。
 でも、うちの家族はナンプラーの味やご飯にレーズンとか甘いものが入っているのが、あまり好きじゃないので、どうかな〜とは思っていましたが・・・

 ナンプラーが足りなくなってしまって、オイスターソースを少し加えたり、元のレシピに忠実ではないところもありました。
 私は、まあまあおいしくできたかな(OK!)と食べたのですが、主人と三男は、う〜んと顔を見合わせ、おいしい〜と好評だったのは、キムチご飯の春巻きだけでした。

 主人、俺はナンプラーより天ぷらの方がいいな〜タイ料理より鯛料理の方がいいし〜〜おかしくて笑っちゃいました。

4月12日(火)

新学期

 4月、新学期ですね。二男の引越しなどで、ばたばたしていて気がつかずにいたのですが、事務所の前の花畑からチューリップやムスカリーが、ちゃんと芽を出していました。

 我が家の二男は、札幌の建築学科に進むことになり長男と二人で住むことになりました。
 お肉を小分けして冷凍しておくことや、さっと作れる野菜炒めやサラダなど、一緒に作り、あれこれと伝えましたが、「覚えられな〜い・・・」
 でも1週間もすると包丁の使い方も少し慣れた手つきになってきたので、ちょっとほっとして送り出しました。

 二人が住む部屋は、4階、エレベーターは無しです。
 こちらからの二男の荷物は、すんなり運べましたが、長男の部屋からの冷蔵庫、洗濯機、ベットなどの他にも、いつの間にか物も増えていて、引越し屋さんにお願いすればよかったぁ・・という感じでしたが、主人と子供たちがせっせ、せっせと運び(もちろん私も)、お疲れ様〜〜〜で無事になんとか落着きました。

 そして翌日は、おじゃまするのを楽しみにしていた札幌のHさん宅に、完成後初めて伺いました。
 近くのおしゃれなお菓子屋さん、ロマン亭のケーキもご馳走になり、あちこちの楽しい工夫も見せてもらいゆっくりおじゃまさせて頂きました。
 広々としてとっても居心地のいいお家です!
 お子さんたちの友達もきていて、かくれんぼをしたり楽しそうに遊んでいました。
 Hさんに、住宅建設にあたっての感想をお願いしたところ、喜んで・・・と引き受けて下さりました。

 1週間後の今日、さっそくメールを送って頂きましたので、近いうちに「お客様の声」コーナーにアップしますので、楽しみにしていて下さいね。

 札幌にいる間、少し時間ができたので、私のお楽しみのお店に行くことができました。
 生地のカナリヤさんと丸井今井に入っている栗原はるみさんのお店です。
 今回は、もうすぐ完成のコテージ3用に何か作りたいな〜と、マリメッコのかな?元気が出そうな花柄の生地を見つけて3メートル(何を作るか決まっていないときに何メートル買うかが難しい・・・)
 そして、はるみショップで葡萄をモチーフにしたステンレスの鍋敷き(蒸し台にもなる)を買い、ハーブのお店で、チコリの根で作った代替コーヒーも発見して満足満足で帰ってきました。

 携帯があるからいつでも話せる・・・そんな便利さはあるけれど、「ど〜お?」とか「何食べたの?」とかいろいろ話している私たちを見て(また、お母さんだ〜とか思われないように、ちょっと我慢してますが)
 主人は、自分が名古屋に4月に行ったっきり夏休みまで電話の一本もしなかったことを思い出して、ちょっと隣に行ってしゃべってくるかな・・・と隣の両親の家に出掛けて行きました。

3月14日(月)

お薦め豆レシピ

お薦め豆レシピ 小さい袋に入れてお土産にすることも度々、好評ですよ!
 三男も大好きで、冷蔵庫から出して自分でよそって食べてます。



◎スリービーンズサラダ

【材料】
ゆで大豆・・・・・1カップ
ゆでた金時・・・・1カップ
ゆでた枝豆・・・・1カップ
玉葱のみじん切り・大匙3

〔ドレッシング〕
サラダ油・・・・・60cc
酢・・・・・・・・60cc
砂糖・・・・・・・大匙1
塩・・・・・・・・小匙1/2
胡椒・・・・・・・少々

【作り方】
 柔らかく茹でた大豆、金時豆、枝豆(豆の種類は変えても良い)を玉葱と一緒にドレッシングに漬け、一晩置く。

 ※日持ちもするので、私は戻す前の分量を1カップづつ位で作ってしまいます(枝豆は少なめでも大丈夫)その時は、ドレッシングは2倍程。
 この分量は基本の分量ですが、いつもサラダ油は半分位にしてしまいます。玉葱は水にさらさなくてもいいですよ。

 私の作り方は、まず大豆だけをポットで戻して、茹で汁を切って、用意してあったドレッシングに熱いまま合わせます。
 そして、その茹で汁にお湯を足して金時豆をポットで戻して汁を切って加えます。金時豆は大豆より少なめの時間で大丈夫です。
 私の場合、すっかり忘れちゃって、柔らかくしすぎたことがあるので、なるべく携帯のアラームをかけます(笑)
 最後に枝豆も熱い茹で汁に少し漬けておいてから加えて、時々混ぜて味を混ぜ合わせます。

 大豆の種類や新しいかどうかでも変わると思いますが、2時間位してから硬さをみて、まだかな〜という時には、汁だけを沸騰させて戻してあげて、また15〜30分程おいてあげるとふっくらとおいしく茹で上がります。

3月10日(木)

お薦め豆レシピ

お薦め豆レシピ 体に良さそうなもの〜といえば、やっぱり大豆。度々食卓に上がる様になりました。
 お豆の料理って、甘い煮豆もおいしいけれど、つい食べすぎて、お砂糖取り過ぎになってしまうので、おかずになりそうなものをよく作っています。

 そんな我が家に、いとこ夫婦と食事する機会がありました。
 以前話した時に、私の日記の大豆の料理に興味を持っていてくれたみたいなので、うちの家族も大好きな大豆料理も2品作ることにしました。
 大豆をたっぷり使った豆カレーをくるんで食べる“大豆クレープ”と3種類の豆がきれいな“スリービーンズサラダ”です。

 おいしい〜と言って食べてもらったので、紹介しますね。

 クレープ生地に片栗粉が入っているので、モチッとした感じがおいしくて、豆カレーもピリッとした味がとってもおいしいですよ。
 チリソースがないときには、ケチャップと少しの豆板醤でOKです。(うちのチリソースは、いつのかな〜という感じですが結構大丈夫だったりして・・・)
 メインにしたい時には、2倍の量を作ります。その時はクレープの材料がいっぺんにミキサーに入らないので、気をつけてくださいね。

◎大豆クレープ

【材料】
〔クレープの皮〕 
ゆで大豆・・・・・1カップ
牛乳・・・・・・・300cc
小麦粉・・・・・・大匙5
片栗粉・・・・・・大匙5
塩・・・・・・・・少々
卵・・・・・・・・1個

〔具〕
ゆで大豆・・・・・1/2カップ
合挽き肉・・・・・100g
玉葱・・・・・・・100g
カレー粉・・・・・小匙1強
ウスターソース・・大匙1
チリソース・・・・小匙2
塩・・・・・・・・小匙1/4
胡椒・・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・大匙1
水・・・・・・・・大匙3

【作り方】
1、全部の材料をミキサーにかけて、クレープ生地を作り、ホットプレートで12cm位の円にのばして焼く。
2、ゆで大豆は粗く刻む。
3、玉葱を粗みじん切りにして、油で炒め、合挽き肉を入れ火を通し大豆、調味料で味つけして水溶き片栗粉でとろみをつける。

 ※焼きあがったクレープにレタスをしき、豆カレーをくるんで食べます。

3月9日(水)

すっかりご無沙汰をしています

 実は、暮れから、ポツリ、ポツリとでてきた湿疹に悩まされていました。
 最初にかかった皮膚科の先生が、ん〜?という感じで、しかも薬局で、「ステロイドです・・・」と詳しい説明もなく渡された塗り薬に不安感でした。
 少し塗ってみたものの、やっぱり皮膚は体の中が問題だよね〜としばらく自然療法をいろいろ試してみましたが、ちょっと今回はお薬も仕方ないかな、という状況。
 違う病院にかかり、今はお薬にも助けてもらってよくなってます。
 ここまで大変だったのは、今までになかったので、主人も子供たちも優しくて、う〜〜でした。

 いつもは、好き嫌いもなくて、お寿司も大好きな私が、少し食べたお刺身で足がじんじんしてきたり、なので、こういう時は玄米菜食にしようと、家族にはお肉もお魚も料理するけれど、全体的には体に良さそう〜という食事になっている最近の我が家です。

 とある日、玄米はいやだ、と一番拒否していた二男が、ごま塩をかけた小豆入りの玄米ご飯を「玄米、おいしい〜ごま、おいしい〜」と食べ始めました。
 もちっとおいしく炊ける様にもなったし、よく噛んでいるうちに、おいしさがわかったんですね。
 毎回小さいすり鉢で黒ごまを擂るのを、自分からしてくれる様になりました。
 二男は、4月からは一人暮らしか長男と住むことになるのですが、「圧力鍋で玄米炊く?」と聞くと「玄米って精米しなくていいんだよね?」な〜んていう返事でした。
 もう少しで、最後の試験が終わるので、料理の特訓(少しづつ教えられればよかったのですが・・・)をしようと思ってますが、圧力鍋までは、どうしようかな・・・とちょっと悩み中です。

ページのトップへ