-2010年-

12月10日(金)

さぁ、もう少し

 今年も実質あと2週間ではないでしょうか?
 12月に入ってからもいろんな事がありましたが、何だかんだ言いながらも、年末になり、年を越します。
 現場は珍しく12月に2件の上棟が重なり、大工さんも息を抜けない状況です。
 いつ雪が降るか?と空を見ながら、気温を気にして工事をしています。
 ただ、降ったら降ったで諦めも付き、考え方を変えて乗り越える。
 みんな切換えが上手いのか?

 私の方は、当面3月の決算に向けてよい成績を残せるように頑張るので、年越し〜お正月もあまり関係なく動きます。
 問題は来年の春からの工事です。
 頑張る日々はずーっと続くって感じです。

11月18日(木)

大きな声では言えないが・・・

 ある方に土地を紹介するために山林を探していました。
 仲介物件ですが、見てくると・・・・驚きです。
 大きい山で(15000坪)、斜面がスキー場のよう、頂上まで登ると大雪連峰・日高山脈・帯広の市街地などがぜ〜んぶ見れます。昇る朝日と沈む夕陽が独り占めできる感じです。
 実際にここに住むと気持ちよいのは想像できますが、ちょっと大きすぎて1軒では淋しすぎる。と言う感じになります。
 どなたかここで一緒に住みませんか?

11月12日(金)

BDFの続き

 実習でBDFを作った翌日に豊頃のエコercの工場に行って来ました。
 前日の実習では、作れるだろうけど、上手く循環することは難しいだろうなあ〜
 と言うのが正直な感想でした。

 しかし、エコercの工場を見学し、お話を聞き、私の考えが間違っている事に気がつきました。
 はっきり言って凄いです。
 ちゃんと成り立っている。上手く循環している。
 これは驚きでした。
 家庭用の廃天ぷら油もコープ札幌と連携しかなりの量を回収し再生しているし、十勝バス・拓殖バスにも使われている。
 更に十勝総合振興局や各自治体でも使われている。
 逆に原料の廃天ぷら油が少ない状況との事です。
 驚きました。
 T社長は以前から知っていましたが、立派に経営されています。
 頭が下がります。

11月6日(土)

BDFを作っちゃいました。

 今日は畜大の勉強でBDF(バイオ・ディーゼル・燃料)を作りました。
 ちょっと面白かったです。簡単といえば簡単ですが、奥が深く良質のものはプロでもなかなか作れないようです。

BDFを作っちゃいました。 軽く説明しましょうね。
 まず、食用の廃油100に対しメタノール20を入れ10分間攪拌し、静置し分離させます。




BDFを作っちゃいました。 その後 分離し底に溜まったグリセリンを取り除きます。





BDFを作っちゃいました。 次に温水または水を20加え、軽く攪拌し静置し分離させます。





BDFを作っちゃいました。 その後 分離し底に溜まった水分を取り除きます。
 最後に研修生の実験したBDFを集め高温で熱し蒸発させた水分を抜き取り完成。



 ジープに乗っていけば、貰えたと思い、かなり後悔しましたが、間違いなく使えそうでした。

 実験から思ったことは、確かにできるけど、これを実用化するのは、よほど上手く世の中を廻さないと無理だろうなあと感じました。

10月29日(金)

コントラスト

コントラスト  夏の気温のせいで樹木の成長にも、紅葉にも影響があったのではないでしょうか?
 もみじ等はシダレ柳のようにビヨ〜ンと先端が垂れ下がっていますし、紅葉もイマイチハッキリしないような色になっています。
 そして急激な寒さで秋を楽しむまもなく、冬になったようです。
 それでも我が家の紅葉は上手くコントラストが出ていますので、写真をお見せいたします。

10月27日(水)

ヤバイ

ヤバイ  私の息抜きの一つになってるかもしれませんが、重機に乗って人舞の作業場の山を開拓しています。
 昨年は本当に資材置き場が少なくて200坪ほど平らにして、ずいぶんと助かったと思います。
 今年の挑戦は広げた資材置き場と300mほど離れた残土置場を繋ぐことです。
 遊歩道と連絡通路のようなイメージです。

 勇ましくやっていたつもりですが、土曜日の夕方にバックホウが埋まってしまいました。
 ちょっと無理をしてたのですが、まあ出られるだろうと、ぬかるみで掘削をやっていたらだんだんキャタが埋まってきて、亀さんなってしまいました。
 作業場にいた大工さんにミニユンボで手伝ってもらいましたが、大きさが逆で救出は無理。
 もう暗くなり危険なので、後ろ髪を引かれる思いでバックホウを置き去りで帰り、日曜日は他の用事で見ることも出来ず、月曜日の5:30の映像です。
 水が出るとは思いましたが、これほどになるとは思わなかった。
 もう少しで水没です。
 2時間かけての救出。
 バックホウにごめんなさいと謝りました。

10月15日(金)

大阪に行ってきました。

 帯広空港を出て羽田経由で伊丹空港に着き、ホテルに着いたのが夕方でした。
遠いんですねやっぱり。
 他町村(広尾・新得)の方もいたので、顔合わせと翌日からの気合を入れる意味で懇親会をやりました。
 なかなか意気投合して良い雰囲気になり翌日を迎えます。

 当日は1,200名の方が訪れ、北海道・中国・四国地方などの町村の方々が、訪問者の奪い合いです。凄かった、
 確かに椅子に座っていても誰も来ない。
 私も頑張りました。
 昼食をとる時間もなく一気に終了時間まで過ぎました。
 対応客は35組程度が限界でした。
 結果はすぐには出ませんが、やるだけの事はやりました。
 と言うことで、お疲れさん会を今度は陸別町の方々も加わり行ないました。

 最終日は自由時間で私達は、なんばグランド花月でお笑いを見てきました。
 約3時間の立ち席ですが、笑いっぱなし。さすがです。
 面白かった〜。

 少しは町のためになれたかな?と思っています。

10月7日(木)

大阪で移住促進

 明日から大阪へ行って移住促進の活動をしてきます。
 北海道移住促進協議会での移住者へのプレゼンです。
 十勝からは7町村が出ると聞いています。
 清水町を代表して役場職員と私とで行ってきます。
 1,500名が来るとか?どんな事になるやらわかりませんが、一人でも多くの方が北海道〜十勝〜清水町を知ってもらうだけでも有意義な事と思います。
 頑張ってきます。

9月16日(木)

十勝清水八景

 なぜか?清水町観光協会に加盟しています。
 それはともかく、清水の観光資源を活かし、もっと宣伝しよう。
 そのために売り物の景色をちゃんと発信しよう。と言うことで活動をしています。
 今日、午後からヒロ中田さんを選考委員長としてお迎えし、私もその委員の一人として参加しました。

 来春には、正式に発表されます。

 それにしてもヒロ中田さんはさすがですね。
 発想力、まとめ方、勉強になりました。

9月5日(日)

キタラ

 全国大会をかけた北海道吹奏楽コンクールがkitaraで開催され、十勝地区代表として三条高校吹奏楽部が出場しました。
 A編成の部のトップで登場。緊張感の漂う中で精一杯演奏している事がはっきりわかります。
 課題曲、自由曲ともに難しい曲を選び果敢に挑んだ事もよく理解できます。そして顧問の島田先生の躍動感溢れる指揮。それに応える生徒。お見事でした。十勝代表を立派に勤めたといえます。
 kitaraと言うこともあり、細かい音もはっきりと聞き取れます。
 本当に素晴らしい演奏。競い合う姿。戦いぶりはご立派でした。

 そして次男よ、よく頑張った。
 こんな厳しい毎日をよくこなしたものだ。
 感動した。ありがとう。

8月28日(土)

バスツアー

バスツアー 十勝で道産材を使った家を見学するバスツアーがあり、スタッフを含め約50名が工事中のMさま宅、そしてちきゅう思いの小さな家 1 2を見学しに来られました。
 数年前に芽室町のTさま宅で経験がありますが、やはり50名は多いですね。
 現場が狭く感じます。
 ほんの短い時間で思いの全てをお伝えできませんし、台本もありません。
 どんな方々が来られるかも、全く解らないまま50名が来られました。
 ただ、実際に見ていただくと違いが解ると思います。
 ・・・解ってくれると嬉しいなあ〜
 と言うのが本音です。

8月26日(木)

久々の勉強会

久々の勉強会 先日の午後、札幌に向かい、Hさま邸を見て状況を確認して来ました。十勝より札幌の方が夏が濃かったです。
 なんとなく湿度もあり、みんな汗をかいていました。
 全部予定通り進み、夜はエルプラザで勉強会です。
 いやぁ〜、難しかった〜
 いきなりベルヌ−イの定理から始まりエクセルのビジュアルベーシックなるもので計算・・・

 先生からはパッシブシステム研究会の方々はこれくらい出来ないと駄目と言われ。
 かなりショックでした。
 あとから現役の長男に聞くと、俺達もよくわからん。との事。
 ちょっと救われました。

 次回までには少しエクセルも勉強しておこう。
 せっかく勉強しに行ってちんぷんかんぷんじゃ勿体ない。

 それでも収穫もありました。
 ただでは帰ってこないのが、よいところですね。

8月17日(火)

後半戦の始まり

 何だかんだと言いつつも、北海道の短い夏が終わりました。
 今朝は気温が暑いながらも、さわやかな風が吹いています。
 秋を感じるほどですね。
 私達も短い夏休みも終え、それぞれ体と気持ちを休め満充電で後半戦のスタートを切りました。
 今日の風のように爽やかにすがすがしく仕事をしています。

7月26日(月)

清水ドライブイン

清水ドライブイン  同友会、産業クラスター、などでいろいろとお世話になってる清水ドライブインさんから景色を見るオープンテラスのような場所を作りたい〜アルミの風除室のような感じで・・・と相談があり。
 私としては木造でやった方が絶対お洒落だし、気持ちも良いので金額は高いけどお勧めします。と答えました。
 実際に計画し見積もるとやはり金額は高くなり、減額のためにご自分で塗装を塗ってもらうなどの協力をいただきなんとか合意し着工しました。
 見積以上にかかった分もありましたが完成し、昨日、活躍してるかな?と思ってお店に行ってきました。
 お客様も利用していてよい感じでした。
 私達もついつい観光客気分になり、ソフトクリームを頂きながら、完成したオープンテラスに"頑張ってくれよ。"と声を掛けました。
 自分達が手がけた施設が繁盛することは、本当に嬉しい事です。

7月26日(月)

親子木工教室

親子木工教室  今年で4回目となる、親子木工教室が開催されました。
 今年は初めての親子さんが6組参加してくれました。
 実は現場の関係で大工さん側もこの事業に初参加の3人が担当する事になり、少し緊張気味で始りました。
 昨年までの反省を活かし、今年はもっとお子さんが作れる簡単なものと言うのが私の中のテーマでした。
歓送迎会  それでも小学生の限界があり、それを親が手助けする。と言うところを狙っていました。
 狙い通り、工作らしい作品が出来ました。
 やはり始めは鋸も引けない子が後半にはいい音を出して引いていましたし、何事も経験させないと駄目だな〜と改めて感じたところです。
 この事業はずーっと続けたいと思っています。

7月16日(金)

幸せだな〜

 アッと言う間に7月も半ばを過ぎました。
 ホームページを更新せずに、ごめんなさい。

 最近、社員のみんなにメールを送っています。
 (それもここ数日は送る時間もなかったですが)
 当初の目的はなかなか現場に行けない私の行動を伝えるためでした。
 しかし、みんな返信をくれて、それがなかなか嬉しいもので、状況だけでなく、考え方なども伝わります。

 みんなが頑張ってくれる。
 ありがたいです。

6月23日(水)

270,000km

 我が代名詞・・・我が愛車・・・
 そうです。緑のワゴン車(正式にはカリビアンブルー)のvanagonの走行距離が270,000kmを越えました。
 多少は壊れたり、反応しなかったり、部品がなかったりしていますが、基本的にはまだまだ走れそう。
 最近は長距離に加え、砂利道も、とんでもない坂道もこなしてくれてます。
 立派な車です。
 次ぎの10,000km越えは年内でしょう。
 この車は300,000kmを行きそうですね。凄い車です。
 毎日ありがとう。

6月15日(火)

北の民家の会

 私自身はヨサコイそうらん祭りに関係はないですが、何故か縁があります。
 縁と言っても一方的なことですが、建築の試験日と重なって、しかも何回も受けたものですから、毎度、試験のときに太鼓や歓声が聞こえる中で汗をかきながら受験をしていました。
 もう一つ、今年は軽いですが、花粉症がヨサコイが終わる頃に、だんだん軽くなって行くのです。
 その二つが重なりヨサコイには強い関心を持っています。
 そして今年は札幌での地鎮祭が重なり、これも忘れられない事になりそうです。

 前振りが長くなりましたが、北の民家の会の総会がありました。
 この会の取り組みでは、型式認定を住宅で取ろうと言う取り組みです。
 これが実現すると、凄い事なのです。
 よくそのような発想が生まれると感心もしています。
 もう一つ大工の育成にも力を入れていることにも関心があります。
 私はこの会と共に成長して行くと誓っています。

6月1日(火)

宣言

 またまた オープンハウスをやっちゃいます。
 6月5日と6日です。(トップページをご覧下さい。)

 問題は内容です。
 オープンハウス&こだわりセミナーと銘打って開催しましたが、今回はもう少し踏込んで『オープンハウスde一緒に遊ぼう』としました。

 内容はいつものミニ料理講習。
 これが好評です。
 そして今度は 石窯ピザに挑戦です。
 実は簡単アーチ石窯君を注文して、昨日、煉瓦が届きました。
 まだ、梱包を解いていません。
 無謀かもしれませんが オープンハウスにあわせて挑戦する事になりました。
 それが宣言です。

5月24日(月)

活躍

 寒いですね〜、もうすぐ6月ですよ。
 と言うことで薪ストーブが大活躍です。
 あと4ヶ月もしたら、寒くなっちゃう。
 と言っても嬉しいのです。
 いつまでも薪ストーブを焚けて最高なんです。
 家族に寒いね、と声を掛け、、寒いね〜と返って来たら焚くか〜?
 ってな感じで楽しんでいます。
 薪ストーブ派は増えていると思いますが
 恐らく皆さんそんな感じだと思いますよ。

5月10日(月)

言い訳

 すみません 忙しかったです。
 更新していませんでした。
 今週からまじめに少しずつやります。
 でも、まだ忙しさを引きずっています。

 今週の決意〜月・火・水・金はお酒を飲まずに頑張ります。

4月20日(火)

歓送迎会

歓送迎会 長い間、働いてくれた棟梁の佐藤さんが引退し、新たに若い大工さんが2名加わり、歓送迎会を開きました。
 温泉で、みんなと同じ部屋でわいわいやろうと考えると、おのずと場所は決まって来ます。
 お世話になっている十勝川温泉第一ホテルさんへ連絡し、なんと偉そうに特別室に泊めてもらいました。
 大きな部屋が二つ、片方で会議や宴会をし、先に寝る人は隣の部屋へ移動チェックインから最後までずーっと一緒でした。それを狙っていたわけです。
 楽しくお酒を飲み、ラーメンも食べ、朝も一緒にバイキング。
 今まで忙しすぎて、全然楽しむ余裕がなかったので、よい機会をもらいました。
 佐藤さん本当にお疲れ様でした。
 渡辺君。佐々木君。よろしく頼むよ。

4月10日(土)

キルギス

 キルギスが大変なことになってます。
 政権が崩壊?
 それってクーデターってこと?
 新聞の情報によると軍事クーデターではないので割りと平穏と言う事ですが、普通の状態ではないですね。
 更別に来た あの人たちは大丈夫のだろうか?
 キルギスの役人と地方公務員と業者だったはず。
 政権が変わると言うことは?どう言う風になるわけ?
 日本のような平和な政権交代とは違うはず。
 一度無職になるくらいかな?
 それとも監禁でもされちゃうのかな?
 ・・・・
 でも、5年前も同じ事があったそうなので、慣れてるんだろうなあ〜
 と私は、どこまで行っても楽天的に考えちゃう。
 おかしいかな?

 彼らも、彼ら以外のキルギス国民も、そして前政権の政治家達も無事であってほしいです。

3月27日(土)

移住促進協議会

移住促進協議会 昨日、清水町移住促進協議会が設立されました。
 私は町の活性化には人口が増えることが一番と考えています。
 もともとある土地の力を引き出し、景観の雄大さを売りに、移住者を多く受け入れ、人口減を少しでも食い止めようと目指しています。
 昨日の会議では働く場所がなく、清水を諦める人もいると聞きました。
 企業も頑張らないといけないということです。

 よく十勝は違うよね と言われましたが、その中でも清水は違うよね と言われたい。
 ここからは行動です。
 組織が出来ても活動をしなければ意味がないです。
 このチャンスを活かし、積極的に動きます。

 また、頑張る事が出来ました。

3月23日(火)

工事の合間に

工事の合間に 今年はラッキーな事に入札で北海道の工事を受注する事が出来ました。
 高校のプール上屋のシート貼替えです。
 今日は芽室高校の工事で、ほぼ一日工事に立ち会いましたが、基本的にやる事はなく、監督をするだけです。

 たまたまですが、芽室町のNさまの土地に歩いて行けるので、ぷらーっと行ってきました。
 雪がだんだん解けてきて土が顔を出していました。
 春がすぐそこまで来てますね。

 春の使者とでも言うべきか?
 ふきのとうがピョコッと顔を出していました。

3月3日(水)

移住に関するフォーラム

移住に関するフォーラム 清水町で移住促進協議会が立ち上がるのにあわせて、道内外の動きを勉強するためにフォーラムに行ってきました。
 道内はそれぞれ何とか受け入れるために頑張っていますね。
 会場には150人ほどいましたが、半分は行政の人で半分は民間企業です。
 行政だけが動いているのと違い、動きを感じます。
 本州は完全に企業が動いています。
 やっぱり北海道の企業は人間がやさしいと言うか。おっとりしてますね。
 まあ、それでよいと思いますが・・・
 私もそうですから。

2月23日(火)

やさしい木構造と大工塾

やさしい木構造と大工塾 私が加入しているNPO法人 北の民家の会 主催の勉強会に行ってきました。
 構造のプロ中のプロの山辺先生の構造のお話もなかなかで、たくさんの人が集まりました。
 もの凄い熱気で、あっという間に3時間が経ちました。
 その中で大工塾の話も聞く事が出来ましたが、全国から大工さんたちが集まるようです。

 お話は日本人こそ、繊細で木に対する思いやりがある。
 世界のどこを探してもこんな人間はいない と言うことを聞きました。
 私も建築屋として何かをしなければならないと思い、早速 若い大工さんに大工塾の資料を渡してきました。

 世の中にはすごい事をやってる人がいるんだなあ・・・とつくづく思いました。
 頑張ろう。。

2月15日(月)

十勝剣道祭

十勝剣道祭 昨日は足寄で開かれた十勝剣道際に出場してきました。
 団体戦のみの参加で清水剣連チーム(男女混合)の副将として戦ってきました。
 結果は対士幌戦は勝者数、勝ち本数とも同じで代表戦になり、本割では勝った大将同士の代表戦で惜しくも敗れ、次の対浦幌戦は完敗で終わりました。
 でも大人同士の合同稽古会、そして試合ととても楽しく充実していました。
 ちなみに私は1勝1敗
 怪我なく帰れた事が一番良かったです。。

2月11日(木)

我が家の誕生日

 この家が出来てちょうど10年です。
 10年前の2月11日に大勢の方に手伝っていただき引越しをしました。

 10年ですから、傷も出来ましたし、汚れもあります。
 でも全て想定どおりです。
 皆さん心配する外壁の板は、全くメンテナンスをしていません。
 お風呂の板壁・天井もOK。
 玄関ドアと浴室の扉は2〜3回自分でメンテした程度です。

 大丈夫です。10年と思えません。若々しいです。

 我が家よ ありがとう これからもよろしくね。
 今日は大掃除をします。

2月11日(木)

奇跡のリンゴ

 先週の話ですが、女房と奇跡のリンゴの話を聞いてきました。
 青森のリンゴ農家 木村秋則さんです。
 無農薬 無堆肥 無肥料 何も使わないで病気のない強い作物を作る話です。
 詳しくは木村さんのHPをご覧いただきたいと思います。
 http://www.akinorikimura.net/
奇跡のリンゴ
 発想の違いから、流れを変えて考えることの重要さを思い知りました。
 自分はどうかな?と言うことを考えました。
 建築の世界でもみんなが当たり前のようにやってることをちょっと変えると、資材が入らない、手間が掛かる、メンテナンスが大変、コストが増大する・・・・
 などなどたくさんあります。
 ただ、私のレベルでは、まだまだ現実的な着陸地を見据えて動いているので、抵抗もそれほどではない。
 現場代理人も大工さんたちもこのやり方が当たり前と感じてるようです。

 じゃあ ここからどうしたら良いか?
 これが自分のやり方なんだと決めたなら進むしかない。
 正しいと認めてくれる人には広める、教える。

 ん〜、まだ足りない。
 何か発想とか、ひらめきとかが足りないなあ〜
 一生懸命考えていたら、急に思いつくことがありますが、一心不乱とは言いませんが、考える事しかないのかな?
 自分にはまだまだ商売の事を優先しちゃう部分があります。
 生活を考える事もあります。
 それが普通かもしれませんが優先順位第一位はお客様なんです。
 お客様が満足、納得し幸せになっていただかないとこの商売は続かない。
 続ける事で商売がうまく行き従業員も私も生活が出来る。
 順番を間違えると駄目なんです。

1月29日(金)

実はいろいろあるんです。

 私の場合ですが、日々の生活の中でよい事もあり、そうでない事もあります。
 よい事が続く時は、気分も良いし、乗っています。
 まさに先週がそうでした。
 でも、今週はいきなり失速する出来事がありました。
 2〜3日苦しんでいましたが、やはり無理と判断し諦めたところです。

 そこで私の最高の武器。切換の速さ の登場です。
 考え方を切り替えるのですが、諦めた瞬間からV字を描くように戻っていきます。
 その日の夜に、ある新年会があったのですが、出席者と話をしていると自分と会社の存在が益々注目を集めている。
 皆さんからドンドンやれ、がんばれ、応援するよ、凄いなあ〜、と言う他に 成長が脅威に思われてるよとまで言われました。

 今回の事案はかなりショックでしたし、悔しいし、情けないし、反乱を起こそうかとも思いましたが留まってよかったと思います。

 ある人が言ってくれた言葉ですが、仕事をもらう時は、会社の規模、実績、技術力などもあるが、人間的な評価、町民などからの評価、風などと言う二つの方向の要素を作る事が大切だ。
 この会社に仕事が行って当然だよね。
 と言う雰囲気作りをやればちゃんと繋がる。

 その通りだと思いました。
 まだ、その域まで行ってなかった訳です。
 いろんな人の声を聞き、もう一回り大きくさせてもらいます。
 ありがとうございます。

1月25日(月)

新戦力

 今日から大工さんが一人増えました。
 25歳 若いです。
 5年ほどの経験で、これから5年ほど頑張れば一人前になろうと言うところです。

 会社経営は雇用し生活を支える大切なことで、大きな責任があります。
 同友会で勉強した事ですが、一方的に雇い主が偉く、強い訳ではなく、社長も社員も対等な関係ということです。

 私が頑張るのは当然ですが、社員みんなが頑張って会社を守っていく事が大切だと思います。
 みんなが頑張れば、自然と業績も上がり、みんなが幸せになれるのだと思います。

 さあ、みんな頑張ろう。

1月19日(火)

畜大での実習

 畜大での勉強の話は以前に書き込みましたが、その中身を少し報告します。
 普段は勉強が中心ですが、ときどき実習なるものがあります。
 それが長時間だったり、連続二日とか?私には厳しいものがあって、サボっていると、単位がどうも足りない事に気がつき、急に実習を選んで通っています。
 先週の土曜日に行くと、バスで幕別へ移動・・・
 何をするのかな?と思うと、なんとシフォンケーキを作るとの事。
 普段から女房がケーキやパンなど手作りでやっていますので、いろいろと食べていますが、まさか自分が作る事になるとは?・・・・
 ともあれ、まあ やってみました。
 最初の卵白を分けるところで失敗して、ちょっとで遅れると、そこから焦りが出て、もの凄く疲れました。周りはどうも余裕を感じる。。。。気のせいか?
 それでも何とか完成して焼き上がりは上々で、家にもって帰ると、女房は特に反応はなく、分量に注文をつける。
 そんな事、俺は知らない。言われたとおり作っただけ。
 三男は無反応。特に美味しいわけじゃないね。って。
 母親と比べるな。
 次男においては、食べたかどうか?もわからない。
 どっちにしても無反応。
 あの疲れは、何のためだったんだ?・・・・

 やっぱり食べてるだけで充分だ。

1月5日(水)

新年を迎えて

 新年を迎えました。
 如何お過ごしでしょうか?
 いろいろとあった昨年です。
 とにかく区切りでもあるので心を静かにし、また頑張りましょう。

 仕事面で昨年を振り返ると、厳しい時もありましたが、後半の伸びもあり、お陰さまで新しい歳を迎えることが出来ました。
 今期はこれから3ヶ月。息を抜くことなく乗り切ろうと思います。

 私の目標は 謙虚と感謝 です。
 苦言や助言を言ってくれる人は、自分にとってありがたい話なのにどうも素直に受け止められない。
 負けてたまるか?この考えが正しいんだ。と突っ張ってしまう。
 そこを謙虚に受け止める。
 一方 当たり前だと思ってることも実は幸せな話で全然感謝が足りない。
 ありがたい話にも、もっと気持ちを表現しなきゃと思います。
 先日 初めて両親に 感謝してるよ。 と言えました。
 照れるのでお酒を飲んでからですが・・・・

 そんな事を思いつつ、今年は自分をもっと磨きたい。成長したい。
 そう思っています。
 仕事も会社も私個人の延長線にあると思っています。
 毎日 楽しく 元気に ありがたく 仕事をして、私の中から社員のみんなやお客様、取引先の皆さんなどに何かを伝えられるように努力します。

ページのトップへ