-2014年-

10月20日(月)

その後の様子

 実は毎年思っているのですが、完成引渡し後のお客様のところにお邪魔することがあります。
 まあ、一年点検とか?ご挨拶とか?ですが、不思議なのですが良い天気とか?季節感が良い時と言うのがあまりないのです。
 お客様は花を植えたり木を植えたりどんどん建物が、映えてきているのに私のタイミングが悪いのか?写真を撮ろうと言う気持ちになれないのです。
 しかし、今年は違いました。と言う事で、建設時より映えた素晴らしい住宅をトップ画面でお披露目いたします。

9月1日(月)

大量の梅干し作業

大量の梅干し作業 だいたい梅と言うものは1年おきに大量に収穫できます。
 今年はなり年で写真の通りの収穫です。
 その量なんと80s。おそらく2年では食べきれないですし、どなたかに食べてもらっても余るでしょうから蓄積されて、今回漬ける梅干しは、ちょうど食べごろに食卓に上がるはず。
 ここ何日か?大量の梅干し作業何故かシンプルなものが食べたくて、三升付けご飯、味噌ご飯、ふりかけご飯・・・を好んで食べてます。
 梅はそのままご飯と食べてもおいしいですが、やっぱり梅カツオおにぎりが最高ですね。
 おいしくなって食卓に上がることを願って、炎天下で梅をひっくり返してきます。
 樽の中には梅酢が入っています。
 想像するだけでヨダレが出ます。

8月10日(日)
 

親子木工教室に参加された方からお手紙をいただきました。(3年間ありがとうございました)

第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。 紺野様

 先日木工教室でお世話になりました桐木です。
 思い起こせば2年前、夏休みの自由研究にちょうどいいと始めて参加させて頂きました。
 今回で3回目。
 毎回お世話になり感謝しております。
 今回はとても大きな作品が出来てしまいましたが、娘はとても喜んでおりました。
 学校にどうやって運ぼうか困っている所です(笑)。
 今回で最後になってしまうのをとても残念に思っています。
 というのも、現場で働いていらっしゃる技術を目の当たりすることで勉強になることがとても多いからです。
 なかなか時間がとれず、趣味の工作も出来ずじまいでいますが、数年後きっと今回までの経験が生かされると思っています。
 今までありがとうございました。
 娘が4年生になった時、もし続けていらっしゃいましたら是非また参加させて頂きたいと思っています。
 写真は過去の作品達です。
 ミッフィーは今でもおもちゃ入れとして、木ロバは宿のホールに飾ってあります。
 シーソーは小さなお子さん達に喜ばれる事でしょう。
 大工さん達にもよろしくお伝え下さい。
 ありがとうございました。

7月29日(火)

第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。

第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。 今年も恒例の第8回夏休み親子木工教室が開催されました。
 一組が病欠で今回は5組でしたが、やはりなかなか簡単には進まず、いつもの時間までかかりました。
 事前に座学で設計図を描き(実質1時間半程度)それを大工さんが材料を加工し木取りをします。
第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。 まあ、ある程度作りやすくしておくのですが、お子さんたちは慣れない道具を使い必死に作ります。
 初めて参加するお子さんは、もう腕がバンバンではないでしょうか?
 リピーターのお子さんは鋸の引き方など、素晴らしいです。これが経験だと思います。
何度も言うのですが、自転車や水泳、スケートなど第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。 一度できたら翌年もちゃんとできる。
 この経験をさせる事に意味があるのです。自画自賛ですが素晴らしい事業だと思っています。

 来年も頑張ります。


第8回 夏休み親子木工教室が開催されました。

7月17日(金)

たまに来る スランプ

たまに来る スランプ また、やってしまいました。スランプ?と思ってください。
 4月に気持ちも新たに始まりましたが、工事が順調に進むように…と思っているうちに気が付くと更新できていない。
 まあ、理由を言ってもいい訳になってしまうのでやめます。
 第一四半期も終わった事ですから、再度気持ちを新たに更新していこうと思います。
 そこで今回は過去を振り返って、このときどき日記の一番初めの話題をします。
 芽室町のTさまのお宅です。完成当時はカラマツの無垢板そのままでしたが、経年で色があせてきたので、ご自分で塗った写真を掲載しました。
 そのお宅が今年10年目で増改築工事をして完成しました。
 10年経ってお客様の年齢に合わせるように、建物も逞しく立派になった気がします。

4月2日(水)

経営計画発表会

経営計画発表会 今年度の経営計画発表会をいたしました。
 私にとっては最大のイベントで一年間の経営方針、戦略、売上目標など・・・・自分にタガをかけるような意味あいに近いかもしれませんが、一生懸命考えて練った計画書です。
 私の方針で従業員さんが動いてくれる。予定通り行けばそれで良し、うまく行かなかったらすべて私の責任。
 まあ、うまく行くための計画書でもあります。あまり心配していません。
 発表に先立って、先月訪問した北欧の写真をみんなで見ましたが、枚数は600枚近くあり、かなり省略しましたが建築屋の私が映す写真はおそらく従業員さんたちにも興味深い内容だと思います。
 また、今回から私だけの発表ではなく現場代理人さんからも発表がありました。
 その後、懇親会を女房の手料理のみでやりました。女房は大変だったかと思いますが、会議で私の方針を言い、同じ写真を見て、同じものを食べて同じものを飲んで語らう。
 こうやって少しずつでも同じ方向に向かっていくことが出来たらいいなあと思っています。

2月7日(木)

社内研修旅行

社内研修旅行 何年も前から企画し、積立までしていたのですが、なかなか行けなくて、でもやっとチャンスがやってきました。
 旅行と言っても、まずは近間から始めました。
 札幌に行くと飲んで終わり、って感じがするので温泉に行ってゆっくり疲れをとる。
 そんな目的を立てると、急に思いついたのが層雲社内研修旅行 峡の氷瀑祭り、ならば旭川経由でとなり一応、研修も兼ねていますので北総研で研修、お昼はラーメン村でしょう。
 せっかく行くのだから家具センターも見よう。
 近くに男山酒造があるなあ・・・ちょっと飲んでもいいかな?
 そんな日程で層雲峡へ泊まりました。
社内研修旅行 夕食バイキングは変わりましたね〜みんな狂ったように大盛りを食べていました。
 氷瀑祭りは寒さとの戦いですが、製作する方も大変ですね〜。
 翌日の朝から雪を払っていましたが、毎日大変な思いをして観光客を迎えているんですよね。
 翌日は層雲峡から留辺蘂の山の水族館を見てきま社内研修旅行した。
 30分で見学は終わっちゃいますが、なかなか珍しいものが多く、釣り好きが多くいる紺野建設のみんなは喜んでくれたようです。
 その後は陸別で食事をしたのですが、2階の部屋に案内されながらも、一見木造っぽいのですが、この建物はRCではないか?と一言言うとみんなで壁社内研修旅行をたたいたり、窓を枠の納まりを考えたり、畳の下の通気孔に妙に反応したりで、ここでも研修できました。
 お店の人に聞くとやはり1FがRCでした。
 陸別では小学校に見学に行きましたが、ワッフルの生地のような天井の木組で、こんな仕事が来たらいいだろうなあと羨ましくなってしまいました。話社内研修旅行には分かっていましたが仕切りのない教室を初めて見させてもらい、子供たちの様子も聞きPTAの視察のようでした。
 その後は嶋君の携わった足寄のメガソーラーの現場を視察し戻ってきましたが、来年以降はもう少し足を延ばそうと考えたところです。
 さあ、どこへ行こうかな? 社内研修旅行







社内研修旅行






社内研修旅行

ページのトップへ